【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

3397434 l scaled - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

IMG 20210603 003315 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
鼠田(ねずみだ)社員
マンガは立派な読書でしょう!
鼠田くん、「マンガ」を「読書」に入れなきゃならない理由はなんなの?
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長
IMG 20210603 003315 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
鼠田(ねずみだ)社員
理由…は…社長に言う時、マンガ読んでるより、読書してる方がカッコつくからです!
鼠田くん、仕事中だから読書もマンガもダメだよ…
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長

「マンガなんか読書に入らないだろ!」

と言う人がいたら終わってます

なぜなら

なぜ、マンガを読書に入れる必要があるんですか?

実は

読書に入れる、入れないは

無意味で無駄な話ですから…

理由を解説していきますね。

まず、「なんのための読書」なのか?

5071500 l 1024x724 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

まず、読書とは何なのでしょうか?

分かりやすく言えば

本を読むこと、行為

ですよね?

もし、「読書」という部分だけにとらわれてるのなら

マンガでなく

ベストセラーを読んで理解できず

頭に入らなくてもいい

となります。

なんせ、「読書」だったらいいんですからね。

目的は何?マンガを読書に認めない無意味さ

4613224 l 1024x683 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

そもそも、なぜ読書が必要なのでしょうか?

きっと教師や親は

「本から学んでほしい」

という目的から読書をススメてくると考えられます。

つまり、大事なのは

「本から」がメインではなく

「学んでほしい」がメインであり

決して

「本を読む行為」だけ

求めてるわけではないのです

なのに、どうして「マンガ」はダメで「文学書」や「専門書」が良いとなるのでしょうか?

なぜマンガは文字だらけの本より格下に思われるのか?

IMG 20210603 003315 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
鼠田(ねずみだ)社員
何でマンガって学びの手段として認められないんでしょうか?
理由は「権威」かもしれないね~
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長
IMG 20210603 003315 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
鼠田(ねずみだ)社員
権威?マンガって世界的にスゴイ普及してるじゃないですか?権威あるでしょ?
ワンピース、発行部数が2021年2月で約5億と言われているんだけどね
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長
有名なハリーポッターも同じくらいなんだよね
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長
しかも、マンガのベストセラーはほとんどが1990年代後半からという歴史の浅さに比べ、文学書はもっと古い有名なものが多いんだよね
IMG 20210603 003356 300x225 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争
熊田社長

ワンピース発行部数資料 北國新聞

ベストセラー本一覧 Wikipedia

マンガが読書に入らない理由の一つとして

歴史の差と権威

があります。

たしかに、ベストセラーと言われるものからの学びは大きく、ゆえに長く読み続けられてます。

ですが、歴史と権威と売れ行きだけでマンガが読書に入らない理由にはなりません。

そして

今のマンガのクオリティを知らないがゆえに出る言葉

なのです!

歴史、権威=スゴい、価値あるという思想

944074 m - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

昔からのベストセラーは確かに名著であり、今でも学ぶべきことばかりのものばかりです。

ですが、一つ忘れていませんか?

今のコマ割りは岡本一平(芸術家 岡本太郎の父)が大正時代に生み出したものです。

つまり、文字の本の世界の歴史に比べれば、今のマンガのスタイルは赤子にもなってないレベルの歴史とも言えます。

つまり

マンガの歴史文字の本の歴史

となるのは仕方ありません。

ですが、最近では

  • 文字離れ
  • 読書苦手
  • 読解力の低下

などもあり、いくら歴史と権威のあるとしても、解決できない問題が増えてきているのです。

なのに

「読書はいいからしろ!」

なんて言われても

「読んでも理解できないから時間の無駄」

と反論され

反論の方が合理的な考えとなるのです

確かに素晴らしい本がいくらあっても、読書が苦痛なら、学ぶどころか罰ゲームでしかなくなってしまいます。

マンガの今のレベルを上げてるのは読者

109718 l 1024x683 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

はっきり言って

文字ばかりの固い本より

マンガをきっかけにして

学ぶ方が効率が良かったりします

では、なぜマンガはクオリティが高くなってきたのでしょうか?

実はマンガのクオリティを上げてるのは

読者なのです!

考えてみて下さい

今から50年前、1970年代のマンガはどうだったでしょうか?

分かりやすく人気があるマンガはドラえもんではないでしょうか?

ドラえもんは未来から来て不思議な道具でのび太くんを助けます。

その当時、子供たちはドラえもんの道具はそんなに遠くない未来にはあって、未来はドラえもんの世界…など想像していたのではないでしょうか?

ですが、今の子供たちにドラえもんを見せても

「こんなのできないだろ?」

「科学的にむりじゃない?」

など、夢のような世界を見て自分の想像を膨らませるより、現実知識を持って見る子供たちが増えてます。

そう、マンガ家も昔はふわっとした理由で何でも主人公にさせていたことが、現代では

ちゃんとした理由と

根拠となりうるものを

説明しなくてはならないのです!

非現実なことでも、現実の理論の延長線上の設定をしなくては、ウソっぽくなり、読者にあきられてしまいます!

わかりやすい例として、最近大ヒットしてる【鬼滅の刃】では、呼吸を取り上げてます。

作品の中のように呼吸だけで超人的な能力は得られませんが、呼吸を整えたり、呼吸を意識することで自律神経のコントロールができたりするのも事実です。

呼吸はヨガや座禅でも必ず言われることであり、マンガを通じて呼吸というものを学び、興味を持つ場合もあるのです。

理論がしっかりしたマンガが増えたゆえに学べるマンガも増えた

3397434 l 1024x768 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

先ほどの鬼滅の刃はファンタジー要素が強いですが、違うジャンルのマンガを見ていきましょう。

不動産について学ぶマンガ

ムズカシイんです、不動産の話って

高額なものを取り扱うのに、一般人には知識がない

もし、ちゃんと勉強しようとするなら、かなりしっかりとした文章の本を読むことになります。

ですが、マンガならわかりやすかったりします。

不動産マンガとして学べるのは

正直不動産

です!

ストーリーを言えば、今まで客をダマして利益を出していた不動産営業マンがウソがつけなくなり、正直に言うマンガなのですが…

不動産屋の闇の深さを知れます…

当然、内容もしっかりしていて、賃貸の手数料や出ていくときの修繕費などについても描かれており、すごくわかりやすい!

実用性もかなり高いものとなってます!

金融知識を学べるマンガ

同じく不動産と並んでムズカシイのは投資です。

ですが、投資もマンガで学べるのです。投資マンガの代表と言えるのは

インベスターZ

インベスターZは簡単に言えば投資のマンガです。


ですが、下手な投資の本よりも詳しく、また、学生がやってることにより若い世代にも身近な話として感じやすいものになってます。

今でこそ投資は悪いことと考えなくなってきましたが、主人公の親のように知識がなければ投資は悪いものという考えを日本人は持ってますからね…

体について学べるマンガ

体内のことを学ぼうとすれば、医学的な知識も学必要もあります。

ゼロから学ぶとしたら大変な分野です。

ですが、マンガなら分かりやすく、楽しく知ることができます。

それが

はたらく細胞シリーズです

体内擬人化マンガですが、実に体の仕組みをわかりやすく表現しています。

体内の話を学校の理科授業でやってもわかりにくいと感じたとしても、キャラとイメージと役割があるので覚えやすくて学びの多いマンガです。

マンガのメリット、デメリットをまず見てみよう

5108085 l 1024x768 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

マンガ最高!もう読書いらない!

なんて言うのはちょっと待って下さい!

物事には当然、メリット、デメリットがあるので整理しておきましょう!

メリット

マンガのメリットは色々あります♪

もし、マンガは娯楽でしかない!と考えてるとしたら、ちょっと考え直してみてください。

素晴らしいメリットがあります。

絵はイメージさせやすく、記憶するのを助ける

これ、絵だとひと目でわかりますよね?

分かると同時に記憶に何となくでも残りやすくなります。

視覚からの情報はメラビアンの法則だと55%と言われており、視覚情報はとても大切なものです。

つまり

視覚からの情報を活用しているマンガは

素晴らしい学習手段と言えます

サクサク読める

例え漢字が読めなくとも、ほとんどフリガナがありますし、多少文章を飛ばしても内容の全体を把握することができます。

だから、

文字だけの本より

多くのことを知る効率は

圧倒的にマンガが優れているのです!

最近は監修、取材がしっかりされてある

昔は作者が知ってる、調べたこと程度の内容でしたが、今は専門家による監修がされていたり、取材をしっかりしています。

ですので

分かりやすく解説してたり

詳しく解説などもしているのです!

デメリット

当然メリットだけではありません。

マンガもただ何も考えず読むだけでは意味がありません。

ただの娯楽として終わる

「あー面白かった♪」

で終わらせて、知識ではなく、時間つぶしの娯楽で終わり、内容から学ぶことができないこともあります。

ちょっと学ぶことを意識して読むだけでも改善できることなので、学びを意識して読んでみましょう!

絵の感じが好きかキライかで覚え方が変わる

絵の好みによって記憶のしやすさ、興味の持ち具合が変わります。

視覚からの情報は大きく、好みに合わない絵では読む気が無くなることも珍しくありません。

もし、別のマンガ家さんのマンガがあるなら、違うものを見てみましょう!

大げさに表現している場合がある

マンガである以上、オーバーな表現があり、間違った覚え方をする可能性のあるものもあります。

マンガは学びの入口として考え、深く知りたいならネットや専門書を活用して知識を深くしていきましょう!

使い分ければ問題なし!無意味な論争は時間の無駄!

2142978 l 1024x768 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

今回の内容はたった一言でほとんど語れます

学びを得られるなら

道は何でもいい

だって

赤血球という言葉と役割は

専門書で理解しても

マンガで理解しても

赤血球という単語と役割は学べてます。

ただ、どうしても文字の多い本を読みたいけど、読解力が足りない方は

  1. マンガでもしっかり文章を読むようにして、文章に慣れる
  2. You Tubeの本要約を見て、もくじで興味あるところから読む
  3. ちょっとでも理解できたらOKにして、ハードルを下げる

読解力は確かにあると学びが深くなるので欲しいスキルです。

ですが

読解力が欲しいのに

本を読むハードルを高くしては

意味がありません

まずは

文字、文章に慣れること

だって

泳げない人に、いきなりドーバー海峡を泳いで来い!と、言われても無理ですよね…

泳げないなら、まず水に慣れることが大切なんです!

水に慣れたら初めて泳ぐためのトレーニングに入れます

つまり

細かく分けて

ステップアップしていけばいいのです!

周りのスゴい人と比べる必要はありません。

まとめとして〜ルートではなく目的地を考えよう〜

1308854 1024x768 - 【大間違い】マンガは読書に入らない!という無意味な論争

まとめてしまえば

何で学んでも

自分の目的が

達成できるならOK!

ゆえに

マンガが読書に入るか入らないか?を議論するのはいいですが、人に考えを押し付けるのはヤメましょう!

例え

マンガで読書感想文を書いても、読書感想文になるし

マンガしか読まなくても頭のいい人は頭がいいですからね♪

大事なのは

学びの効率を考えること

手段は

目的を達成するための

方法なのです!

おまけとして

私はマンガも立派な読書と考えてます♪

今のマンガ、ホントに下手な本より学びが多くスゴいですよ!

あなたも、小さなことにとらわれず、楽しく学んでいきましょう♪

マンガも文学本もビジネス書も、定額で読めるAmazonのkindle unlimitedがオススメです♪

初回30日無料で月額980円です。たまに○ヵ月、月額99円なんてのもやてるときがあるので、そこを狙うのもアリですよ♪

マンガ2冊、ビジネス書1~2冊読むだけで980円の元がとれますよ♪

まずは見てみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする