仕事における真のリスクとは

kuchikomi1208 TP V拒否 - 仕事における真のリスクとは

仕事でリスクを取らないリスクの怖さ

誰でもリスクを嫌うのだが

kuchikomi1208 TP V拒否 300x200 - 仕事における真のリスクとは

当たり前です。リスクを喜んで取る人はあまりいません。

仕事でのリスク…こんなに嫌われるものはありません。

ですが、仕事をする上でリスクは避けられるものではありません。

第12回 リスクについて

そもそもリスクをなぜ嫌うのか?

kuchikomi776 TP V考える 300x200 - 仕事における真のリスクとは

あなたはなぜリスクを嫌うかをしっかりと考えたことありますか?

この考えが実は大きな分かれ道となります。

すごくシンプルに出てくるのは

面倒、厄介、大変…マイナス要素はたくさん出てくると思います。

そう、それがリスクの表の顔なのです。

誰もが嫌うリスク。ですが、誰もがとっているリスクでもあること、気が付いていますか?

リスクを取ると言うことは…

はっきり言って

生きていくことが

リスクを

背負うことです

danda0I9A4330 TP V 驚き 300x200 - 仕事における真のリスクとは

これを言うとマイナスなイメージで人生やっていかなきゃならないの?と言われそうですが、それで終わりたい人はそれでいいと思います。

と、言うわけで、見てもらえる人に説明していきます。

リスク=負のイメージですが、こう考えてみてください。

リスク=未知のもの=成果にできるものもある

まず、私たちは生まれてきて、日々未知のものを克服してきているはずです。

実は知らず知らずに私たちはリスクを克服し生きてきているのを忘れている、もしくは気づいてすらいないのです。

つまり、挑むことを恐れているのは自分に都合のいい情報を精査して選んでいく『経験値』が壁となっていくのです。

リスク回避がリスク増幅!?

TS1284 TP V嫌がる 300x200 - 仕事における真のリスクとは

例えば

今、自分の会社が業績が落ち、少しヤバい状況です。あなたは転職しますか?あなたは独身の30代前半、その会社の勤務歴7年とします。年収は600万です。

この文章だけならすぐ転職と大半の人が言うでしょう。

ですが、現実にそうなら、大半の人は残ります。

30代、7年勤務、年収600万…

きっと、何とかなるはず!と思うのです。

これは災害の時に起きる心理学「正常性バイアス」であり、自分だけは大丈夫!と起きてることを根拠もなく過小評価してしまう力も働いています。それも知っておきましょう。

当然転職すれば勤務歴は0になるし、年収も下がります。30代だと職の幅も狭くなります。

ここで考えてみてください。

勤務歴0は悪いことだけですか?

30ではなく40代方が職は狭くなりませんか?

年収、600万、上がらなくとも維持はできそうなのですか?

ここであなたは目先の安泰を選ぶことでリスクを回避してるのでしょうが、リスクの先延ばしをして、さらに大きなリスクを背負う選択をしているのです。

極論ですが

30で転職なら1度目で失敗しても、40代までに何度か転職できるでしょうが、40代になると今の日本ではそんなに転職はできないでしょう。

年収も下がったとしても、早朝出勤や残業のない所でなら副業もしやすかったりして、最終的に600万を超える可能性を秘めてます。

さて、改めて聞きます。

どうせ避けられないリスクなら、あなたは何をリスクとして取るべきなのでしょうか?

 未経験から最短でエンジニア転職を目指す
0 - 仕事における真のリスクとは

リスクがリスクで無くなる方法

リスクは避けられないことは分かってもらえてきたと思います。

では、どうすればいいのでしょうか?

まず、リスクの正体を考えてみましょう。

リスクは人によって違うのは分かりますよね?

では、そのリスク、どうしてリスクになるのでしょうか?

  1. よくわからないから
  2. 過去の経験から
  3. 現在の環境によって

と3つの原因があります。

1.よくわからない

tsuruno4 TP V分からない牛 300x200 - 仕事における真のリスクとは

これは難しくはありませんね。

もし、いきなり竹林のオーナー投資をしませんか?と言われて即YESなんて言う人はいません。理解できないものに投資はできない、リスクはとれないからです。

これが、理由を説明され、内容が理解できると投資への壁は薄くなります。もしくは投資します。

リスクが明確で判断材料があるからです。

 相談無料・着手金無料。ネット副業関連の詐欺被害は「弥栄法律事務所」までお問い合わせください。
0 - 仕事における真のリスクとは

2.過去の経験から

kuchikomi1080 TP Vやってもた 300x200 - 仕事における真のリスクとは

これは良く言えば学習しているのですが、悪く言えばリスクアレルギーとなっていると言えます。

人は経験から導き出す結果を信じます。

ここに可能性を考慮していきます。

その上で行動に移します。

分かりやすく言うと

新しいゲームを販売してください。と言われたとします。

過去、販売実績がある人がこれをやっていくと

これはRPGで内容は中高生にウケそうだ。

広告を出すならYouTubeかな?

(経験から導き出す)

でも、キャラが可愛いから女の子に案外ウケがいいかも。

インスタでの広告でも意外と効果あるかも

(可能性を考慮)

YouTubeとインスタで広告を出して

ゲームの販売をしていく

(行動)

と、こんな感じでやっていくのですが、

これが過去、販売で『失敗』した人だと

これはRPGで内容は中高生にウケそうだ。

だけど、この考え、合っているかな?

(経験から導き出す)

でも、キャラが可愛いから

女の子に案外ウケそだけど…

そういう売れるか分からないとこへ

広告してまた失敗したら嫌だなぁ…

YouTubeなら無難で失敗しにくいだろう

(可能性を考慮)

YouTubeで広告を出して

ゲームの販売をしていく

(行動)

と、同じ過程を踏んでも違う結果、リスクを取ったり取れなかったりするのです。

性格にもよるところはありますが、分かりやすく言うとこういった感じになるのです。

3.現在の環境によって

fc4932bba0aaa9b5ab4d673dae217bcd s 300x225 - 仕事における真のリスクとは

こちらは自分がリスクを取る時、足かせになってしまうことがあります。

例えば、自分の周りが個人事業主ばかりならリスクを取ることに寛容であり、応援すらしてくれます。

サラリーマンの事なかれ主義ばかりが周りにいると、当然「やめろ」とか「無理だろ」とか足かせになり、リスクを取りにくくなってしまいます。

環境はかなりの影響があります

できるならば、リスクを取ることを応援してくれる環境や稼いでる人が多い環境に行くとリスクを取ることへのハードルが下がります。

挑む価値のあるリスクかを見極めよう

KM19317027 TP V山登り 300x200 - 仕事における真のリスクとは

これまでリスクを取ることを後押しするようなことを言ってきましたが、全てがいいリスクではありません。

そこで確認してほしいのが

「誰が」

「どのくらい」

「どのような」

リスクを負うかです。

例を出しましょう。

途上国の銀行設立に投資しませんか?一口10万円。年利20%。

あからさまに怪しいですが、これを投資するとしたら、上に当てはめると

「私が」

「100万円」投資し

「預金の半分なので、無くなると100万の損」をする

と、それがあなたにとって容認できるリスクかを判断していきます。

では、これはどうでしょう?

会社が新たな社運を賭けたプロジェクトを立ち上げる

ここでは

「会社」が

「会社が傾くかもしれない規模」のプロジェクトを」立ち上げた

「失敗すれば、会社は赤字転落」してしまう

こうしていくと何がどうリスクかイメージしやすくなったと思います。

リスクは

・自分の知識で分析してみる

・書き出して明確にする

ことで小さくすることは可能なのです。

まとめると

リスクは生きている以上、どうしても避けれません

だから

・どの行動にどういうリスクが付いてくるか分析してみる

・リスクを取ることは経験や環境に左右されやすい

・リスクを取った時にどういう損失があるのかを予測しておき、行動で得たことから修正をしていく

リスクは上手く付き合えるなら人生はかなり変わっていきます。

人は失敗を恐れますが、大半は目先の失敗を恐れています。

その先の何があるのか?

考えてみるようにするのもいいトレーニングになるかと思います。

2e0ec000bb58193bb10b615cb05c919d s 300x200 - 仕事における真のリスクとは

もし、人生を

変えたいなら

大なり小なり

リスクを取らなくては

良かれ悪かれ

変わりません

以上をを踏まえて

あなたはどのようなリスクを取りますか?


bgt?aid=200301741452&wid=002&eno=01&mid=s00000007099018004000&mc=1 - 仕事における真のリスクとは
0 - 仕事における真のリスクとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする